メイクアップアーティストになるには?仕事内容?年収など。

メイクアップアーティストになるにはどのようにやっていけば夢を叶える事ができるのでしょうか。今回は、メイクアップアーティストになるための方法や仕事内容など詳しく紹介しますので参考にしてみてくださいね。
メイクアップアーティストになるためには、メイクスクールや専門学校に通います。メークに必要な基礎知識や技術などを学ぶ事ができます。昼間、夜間課程の2年で通信課程は3年などスクールにより違ってきます。
また、就職して働きながら学ぶ方法もあり、美容サロンやヘアメイク事務所、ブライダルサロンなどに就職して技術を学び、働きながら専門学校に通う方法もあり、応援してくれるサロンなどもありますので、相談してみる様にしましょう。
メイクアップアーティストは華やかで、花形職業なので、何よりもセンスや技術が必要となり、メディアなどで活躍するような有名な人は、かなり努力をしているのです。
メイクアップアーティストの仕事内容ですが、俳優や女優、タレント、モデルなどにメイクを施すことで、メイク以外にもヘアセットやドレス、着物などの着付けを行う場合もあり、目的や状況に応じて、その人を美しく魅せるためにどうすればよいのかを考えていきます。ヘアメイク専門のプロダクションに勤める人が多いようですが、エステサロンや化粧品メーカーなどに勤務したり、フリーランスなど様々な働き方があります。
給料や年収についてですが、フリーランスで活躍するメイクアップアーティストのアシスタントとして活躍する場合には、平均年収は0円~150万円です。
アシスタント時代は、見習い期間なので勉強している状態なので、初任給は10万円程度となっています。アシスタント時代は忙しく、並行してほかのアルバイトする時間や余裕もなく事前にある程度のたくわえが必要になってきます。
エステサロンや化粧品会社、ブライダルサロンなどのメイク部門に就職する人もいますは、その場合には、企業の一員として仕事をするので、平均年収は180万円~400万円程度と言われています。しかし、企業で地位が上がったり、メイクに関わる本などを出版する人もいて、その場合には、1000万円を超える年収を得る事ができる可能性もあります。
ヘアメイク専門のプロダクションに所属する場合には、平均年収として100万円~500万円程度と言われています。現場で未経験としてスタートする場合には、雑務が中心で10万円程度ですが、実力を身につけることにより、3年目くらいから300万円~400万円の年収を目指す事も出来ます。
特殊メイクや医療関係のメイクアップアーティスト専用のプロダクションが最近注目を浴びているのですが、平均年収としては、200万円~500万円となっています。その後も、仕事の実力でアップする可能性もあります。
フリーメイクアップアーティストの場合には、仕事がない場合には、収入は0円となりますし、売れっ子の場合には年収数千万円以上になる場合もあります。
夢のある職業と言えますが、働き方には、勤務時間や休日が不規則になってしまい、独立しようと思えば経営スキルも必要になり、色々な人と接する仕事なので、コミュニケーション上手でなければ仕事が回ってこないこともあります。
ヘアメイクのスキルそのものは関係ない能力も必要とされる仕事で、おおく仕事をこなすだけの体力が必要になってきますし、努力次第では、年収もかなりアップする事ができます。
実際に、今ではメイクアップアーティストを目指している人も多く、美を追求するためだけでなく、ファッションなどが大好きという人にも向いていると言えます。