BBクリームとCCクリーム、さらにはDDクリーム。一体何が違うのか!?

BBクリームとCCクリームの違いって何なのでしょうか。実際にどちらが良いのでしょうか。購入する際に迷ってしまうこともあると思いますが、今回はBBクリームとCCクリームの違いについて紹介しますので参考にしてみてくださいね!
BBクリームとCCクリームの違いは、大きな違いとして2つありますが、仕上がりにあります。BBクリームは、日焼け止め、下地、ファンデーション、カバー力高い、高めのテクスチャーです。CCクリームは、下地、コントロールカラー、カバー力は低くナチュラル、軽めのテクスチャーです。
BBクリームはカバー重視の仕上りなり、CCクリームはナチュラルな仕上がりになります。とちらも化粧下地の機能を兼ねているベースアイテムとなっています。違いですが、BBクリームには日焼け止めとファンデーションの機能があり、CCクリームはファンデーションの機能はありませんが、素肌の色合いを補正する事ができ自然な仕上りになります。
BBクリームの特徴ですが、日焼け止め意外のでベースメイクを一つで完了する事ができるオールインワン化粧品です。BBクリームは色ムラなどを割とカバーする事ができて、リキッドファンデーションのような仕上りに演出する事ができます。
BBクリームがおすすめできる人ですが、きちんと感のある仕上がりのメイクをしたいという人やリキッドファンデーションのようにしっかりとカバーしたいという人、気になる部分的な肌に悩みをカバーしたいという人です。
CCクリームの特徴ですが、使い方もメーカーなどにより違いますが、1本でベースメイクを仕上げる事ができるものや化粧下地の変わりとして使用するものがあります。共通しているのは、化粧下地とコントロールカラーの要素を含んでいて、ナチュラルな素肌感を演出する事ができます。
CCクリームがおすすめできる人は、素肌感のある仕上がりを好む人、乾燥によるくすみや肌色の濃さが気になっているひと、ファンデーションを使うほどではないけど、肌をきれいに見せたい人、軽めの付け心地を求めているひとなどです。
BBクリームやCCクリームのおすすめの使い方ですが、使い方は基本的に同じですが、綺麗な仕上りを実感する事ができる使い方は、パール1個分が目安で手の甲に出して必要な分を取りながら使っていきます。
目や口の周り、鼻などよれやすい部分は厚くなりすぎないように注意しましょう。手で伸ばしながらなじませることにより密着感が高まって、化粧崩れがしにくいベースを作ることが出来ます。
大きめのスポンジを使って顔全体を押さえるようになじませていきます。肌により密着させることにより、崩れにくくなり、過剰な油分も抑える事ができます。
仕上げにフェイスパウダーを乗せていきます。肌がさらさらするまでしっかりつけることにより、化粧もちをよくすることが出来て、崩れにくいメイクを目指す事ができます。
BBクリーム、CCクリームの最大の特徴としては、時短でメイクをすることが出来て、日常で忙しい朝の時間にキレイなメイクをするために上手に使いこなすことにより、美人力が上がるキレイな肌を演出する事ができます。BBクリームなら、アテニアBBクリーム