基本中の基本!ファンデーションの正しい選び方!

実際にメイクをする際には、必ず必要となっているファンデーションですが、度のファンデーションが自分に合っているか知っていますか?今回はファンデーションの正しい選び方を紹介していきますので、参考にしてみてください。
ファンデーションのタイプがあります。パウダーファンデーションは粉末状のファンデーションを固めて形状でコンパクトケースに入っていて、プレストファンデーションとも呼ばれています。
リキッドファンデーションは油性成分が液状になっているファンデーションで乳液のような軽いタッチから重たいものまであります。ビンやチューブの容器入りで粉より伸びがよくフィット感とカバー力が高いということが大きな特徴です。
クリームファンデーションは、油性成分も多くコクがあり、保湿力が高く、カバー力も高いので、秋冬用や乾燥肌の人にお勧めできるファンデーションです。
ルースファンデーションはサラサラの粉が固められるにそのまま容器に入っているタイプのファンデーションで軽い付け心地が特徴でふんわりとした仕上がりなり、1年中使うことが出来るのですが、カバー力が低いので化粧崩れしやすいと言えます。
正しいファンデーションの選び方ですが、肌質に合わせる事が大切で、乾燥肌の場合には、ミネラルファンデーションやフェイスパウダーが適していると言えます。メイクを落とす際にも負担を最も軽くすることが出来ます。オリーブ油を元に作っている天然の潤い成分が配合されているものを選ぶ事により極力肌に負担をかけずにメイクをすることが出来ます。
オンリー肌の場合には、パウダーファンデーションをブラシでつけるのがお勧めできます。馴染もよく顔のテカリを抑える事ができます。油分の多いリキッドやクリームの場合には、脂浮きしてしまうので面倒でもオンリー肌の火とはブラシを使うようにしましょう。
混合肌の火とは、Tゾーンはパウダーファンデーションでほかの部分はリキッドファンデーションがお勧めできます。肌によりファンデーションを使う場所が違ってくるのです。
ファンデーションの選び方を把握してファンデーションを生かすためには準備も必要になってきます。スキンケアはじっくり時間をかけて行うようにして、面倒でもファンデーションを生かすためには化粧下地を使うことが大切になってきます。
ファンデーションは先になじませて顔に塗るようにしましょう。パプは最低でも1週間程度で洗うようにして、下準備をきちんと行う事も大切になってきます。
肌の状態は、20代から肌質が変化すると言われていますが、40代になっても同じファンデーションを使うのは避けるようにしましょう。若いころは肌のトラブルも少なく、肌の再生も問題なく行うことが出来ます。
しかし、40歳を超えると紫外線対策が必要となってきますのでパウダーファンデーションを取り入れる必要があり、今まで肌に蓄積されていてシミが現れてしまうので、リキッドファンデーションを使っていてもパウダーファンデーションをのせるようにしましょう。
保湿力が高いファンデーションを使うことにより、肌の乾燥を対策することが出来るのでセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、レシチンが入っているものを選ぶようにしましょう。
ファンデーションと言っても選ぶ際には、自分の肌に合ったものを選ぶ事により、より魅力的な自分に変身する事ができて、美しくなります。満足できるメイクができるとメイクも楽しくなりますし、自分にも自信を持つことが出来るようになると思います。
また、自分では肌の状態を調べる事ができませんので、たまには、化粧品を購入する際に、肌の状態を調べてもらえる場所にいくと、自分の肌に合ったものを購入する事ができるので、自分の肌をチェックする事も大切になってきます。