今考えれば笑ってしまう高校時代の化粧・・・

今、私は36歳ですが、考えれば笑ってしまう高校時代の化粧は真っ赤な口紅でした。赤い口紅が流行っていました。今回、私が高校生時代に化粧にあこがれた時の話をしたいと思います。
私が初めてメイクをしたのは、高校生の頃です。その時は、お店などもあまりなく、化粧品の価格も高く、自分のこずかいでは購入することもできず、母が使っているものをこっそりと使って化粧していました。
最初は、どのように使ったらよいのかわからず、下地などたくさんつけすぎてしまって、真っ白になってしまい、お化けのようになった経験もあります。何度も何度も挑戦して化粧をしていましたが、口紅も真っ赤な母のものを使っていたので、飲み屋のお姉さんみたいな感じでした。
今は、それなりに下地を使ってリキッドファンデーションを使っていますが、初めてした時には、どの順番で行っていけばよいのかわからず、興味を持ってはいても、母がメイクをしている姿を目にしてもどうやったらあのようにできるのかも理解する事ができませんでした。
今の時代のようにネット環境があればやり方などを調べる事ができますが、何も使わないまま、パウダーファンデーションを塗ったり色々な方法で化粧をしていた自分は今思えば恥ずかしいと感じます。
また、今の時代の子供たちが、化粧が上手なのは、ネットなどで手軽に調べる事ができますし、ドラックストアなどで試したり、手軽な価格で購入する事ができる点だとも感じています。
私が高校生の時代は、ドラックストアなどなく、化粧品だけを販売している店舗で本格的に購入する必要があり、ファンデーションだけでも数千円という価格で自分のお小遣いでは買うことが出来なかったです。
今では、100均などでもちょっとしたメイクアイテムはたくさん販売されているので羨ましいとも感じますし、今の高校生がメイクをしている姿がナチュラルなのに可愛いし自然で上手だなとも感じます。
高校生の時に、母のマスカラを初めて使った時は、パンダのような目になったこともあり、今、振り返ると本当に笑いが止まりません。今では上手に使うことが出来るのに、あのころ何でパンダになってしまったのかな。とも感じます。
マスカラを上手に使うことが出来ず、ずっとマスカラは避けていて、大人になりマスカラを使ったらパンダになってしまうと感じて使うのに抵抗を感じていた私ですが、今では普通に使っている自分がいます。
メイクの最後にマスカラを使うと実際に、パンダになったときに顔を洗う必要があるから、最初に使ったこともありますが、目の周りのメイクをすることが出来ず、同じだった記憶もあります。
また、アイシャドウはも紫や青などの濃い色を使っていて、今でも使わない色なのに、高校生の時に使っていたと考えるだけでも笑いが出ます。
今私には、中学生の娘がいますが、浴衣を着てお祭りに行くときなどは、私がしてあげていますが、やっぱり女の子はメイクなどに興味があるので、娘がいる人は自分が気持ちを分かってあげてくださいね。

基本中の基本!ファンデーションの正しい選び方!

実際にメイクをする際には、必ず必要となっているファンデーションですが、度のファンデーションが自分に合っているか知っていますか?今回はファンデーションの正しい選び方を紹介していきますので、参考にしてみてください。
ファンデーションのタイプがあります。パウダーファンデーションは粉末状のファンデーションを固めて形状でコンパクトケースに入っていて、プレストファンデーションとも呼ばれています。
リキッドファンデーションは油性成分が液状になっているファンデーションで乳液のような軽いタッチから重たいものまであります。ビンやチューブの容器入りで粉より伸びがよくフィット感とカバー力が高いということが大きな特徴です。
クリームファンデーションは、油性成分も多くコクがあり、保湿力が高く、カバー力も高いので、秋冬用や乾燥肌の人にお勧めできるファンデーションです。
ルースファンデーションはサラサラの粉が固められるにそのまま容器に入っているタイプのファンデーションで軽い付け心地が特徴でふんわりとした仕上がりなり、1年中使うことが出来るのですが、カバー力が低いので化粧崩れしやすいと言えます。
正しいファンデーションの選び方ですが、肌質に合わせる事が大切で、乾燥肌の場合には、ミネラルファンデーションやフェイスパウダーが適していると言えます。メイクを落とす際にも負担を最も軽くすることが出来ます。オリーブ油を元に作っている天然の潤い成分が配合されているものを選ぶ事により極力肌に負担をかけずにメイクをすることが出来ます。
オンリー肌の場合には、パウダーファンデーションをブラシでつけるのがお勧めできます。馴染もよく顔のテカリを抑える事ができます。油分の多いリキッドやクリームの場合には、脂浮きしてしまうので面倒でもオンリー肌の火とはブラシを使うようにしましょう。
混合肌の火とは、Tゾーンはパウダーファンデーションでほかの部分はリキッドファンデーションがお勧めできます。肌によりファンデーションを使う場所が違ってくるのです。
ファンデーションの選び方を把握してファンデーションを生かすためには準備も必要になってきます。スキンケアはじっくり時間をかけて行うようにして、面倒でもファンデーションを生かすためには化粧下地を使うことが大切になってきます。
ファンデーションは先になじませて顔に塗るようにしましょう。パプは最低でも1週間程度で洗うようにして、下準備をきちんと行う事も大切になってきます。
肌の状態は、20代から肌質が変化すると言われていますが、40代になっても同じファンデーションを使うのは避けるようにしましょう。若いころは肌のトラブルも少なく、肌の再生も問題なく行うことが出来ます。
しかし、40歳を超えると紫外線対策が必要となってきますのでパウダーファンデーションを取り入れる必要があり、今まで肌に蓄積されていてシミが現れてしまうので、リキッドファンデーションを使っていてもパウダーファンデーションをのせるようにしましょう。
保湿力が高いファンデーションを使うことにより、肌の乾燥を対策することが出来るのでセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、レシチンが入っているものを選ぶようにしましょう。
ファンデーションと言っても選ぶ際には、自分の肌に合ったものを選ぶ事により、より魅力的な自分に変身する事ができて、美しくなります。満足できるメイクができるとメイクも楽しくなりますし、自分にも自信を持つことが出来るようになると思います。
また、自分では肌の状態を調べる事ができませんので、たまには、化粧品を購入する際に、肌の状態を調べてもらえる場所にいくと、自分の肌に合ったものを購入する事ができるので、自分の肌をチェックする事も大切になってきます。

メイクアップアーティストになるには?仕事内容?年収など。

メイクアップアーティストになるにはどのようにやっていけば夢を叶える事ができるのでしょうか。今回は、メイクアップアーティストになるための方法や仕事内容など詳しく紹介しますので参考にしてみてくださいね。
メイクアップアーティストになるためには、メイクスクールや専門学校に通います。メークに必要な基礎知識や技術などを学ぶ事ができます。昼間、夜間課程の2年で通信課程は3年などスクールにより違ってきます。
また、就職して働きながら学ぶ方法もあり、美容サロンやヘアメイク事務所、ブライダルサロンなどに就職して技術を学び、働きながら専門学校に通う方法もあり、応援してくれるサロンなどもありますので、相談してみる様にしましょう。
メイクアップアーティストは華やかで、花形職業なので、何よりもセンスや技術が必要となり、メディアなどで活躍するような有名な人は、かなり努力をしているのです。
メイクアップアーティストの仕事内容ですが、俳優や女優、タレント、モデルなどにメイクを施すことで、メイク以外にもヘアセットやドレス、着物などの着付けを行う場合もあり、目的や状況に応じて、その人を美しく魅せるためにどうすればよいのかを考えていきます。ヘアメイク専門のプロダクションに勤める人が多いようですが、エステサロンや化粧品メーカーなどに勤務したり、フリーランスなど様々な働き方があります。
給料や年収についてですが、フリーランスで活躍するメイクアップアーティストのアシスタントとして活躍する場合には、平均年収は0円~150万円です。
アシスタント時代は、見習い期間なので勉強している状態なので、初任給は10万円程度となっています。アシスタント時代は忙しく、並行してほかのアルバイトする時間や余裕もなく事前にある程度のたくわえが必要になってきます。
エステサロンや化粧品会社、ブライダルサロンなどのメイク部門に就職する人もいますは、その場合には、企業の一員として仕事をするので、平均年収は180万円~400万円程度と言われています。しかし、企業で地位が上がったり、メイクに関わる本などを出版する人もいて、その場合には、1000万円を超える年収を得る事ができる可能性もあります。
ヘアメイク専門のプロダクションに所属する場合には、平均年収として100万円~500万円程度と言われています。現場で未経験としてスタートする場合には、雑務が中心で10万円程度ですが、実力を身につけることにより、3年目くらいから300万円~400万円の年収を目指す事も出来ます。
特殊メイクや医療関係のメイクアップアーティスト専用のプロダクションが最近注目を浴びているのですが、平均年収としては、200万円~500万円となっています。その後も、仕事の実力でアップする可能性もあります。
フリーメイクアップアーティストの場合には、仕事がない場合には、収入は0円となりますし、売れっ子の場合には年収数千万円以上になる場合もあります。
夢のある職業と言えますが、働き方には、勤務時間や休日が不規則になってしまい、独立しようと思えば経営スキルも必要になり、色々な人と接する仕事なので、コミュニケーション上手でなければ仕事が回ってこないこともあります。
ヘアメイクのスキルそのものは関係ない能力も必要とされる仕事で、おおく仕事をこなすだけの体力が必要になってきますし、努力次第では、年収もかなりアップする事ができます。
実際に、今ではメイクアップアーティストを目指している人も多く、美を追求するためだけでなく、ファッションなどが大好きという人にも向いていると言えます。

BBクリームとCCクリーム、さらにはDDクリーム。一体何が違うのか!?

BBクリームとCCクリームの違いって何なのでしょうか。実際にどちらが良いのでしょうか。購入する際に迷ってしまうこともあると思いますが、今回はBBクリームとCCクリームの違いについて紹介しますので参考にしてみてくださいね!
BBクリームとCCクリームの違いは、大きな違いとして2つありますが、仕上がりにあります。BBクリームは、日焼け止め、下地、ファンデーション、カバー力高い、高めのテクスチャーです。CCクリームは、下地、コントロールカラー、カバー力は低くナチュラル、軽めのテクスチャーです。
BBクリームはカバー重視の仕上りなり、CCクリームはナチュラルな仕上がりになります。とちらも化粧下地の機能を兼ねているベースアイテムとなっています。違いですが、BBクリームには日焼け止めとファンデーションの機能があり、CCクリームはファンデーションの機能はありませんが、素肌の色合いを補正する事ができ自然な仕上りになります。
BBクリームの特徴ですが、日焼け止め意外のでベースメイクを一つで完了する事ができるオールインワン化粧品です。BBクリームは色ムラなどを割とカバーする事ができて、リキッドファンデーションのような仕上りに演出する事ができます。
BBクリームがおすすめできる人ですが、きちんと感のある仕上がりのメイクをしたいという人やリキッドファンデーションのようにしっかりとカバーしたいという人、気になる部分的な肌に悩みをカバーしたいという人です。
CCクリームの特徴ですが、使い方もメーカーなどにより違いますが、1本でベースメイクを仕上げる事ができるものや化粧下地の変わりとして使用するものがあります。共通しているのは、化粧下地とコントロールカラーの要素を含んでいて、ナチュラルな素肌感を演出する事ができます。
CCクリームがおすすめできる人は、素肌感のある仕上がりを好む人、乾燥によるくすみや肌色の濃さが気になっているひと、ファンデーションを使うほどではないけど、肌をきれいに見せたい人、軽めの付け心地を求めているひとなどです。
BBクリームやCCクリームのおすすめの使い方ですが、使い方は基本的に同じですが、綺麗な仕上りを実感する事ができる使い方は、パール1個分が目安で手の甲に出して必要な分を取りながら使っていきます。
目や口の周り、鼻などよれやすい部分は厚くなりすぎないように注意しましょう。手で伸ばしながらなじませることにより密着感が高まって、化粧崩れがしにくいベースを作ることが出来ます。
大きめのスポンジを使って顔全体を押さえるようになじませていきます。肌により密着させることにより、崩れにくくなり、過剰な油分も抑える事ができます。
仕上げにフェイスパウダーを乗せていきます。肌がさらさらするまでしっかりつけることにより、化粧もちをよくすることが出来て、崩れにくいメイクを目指す事ができます。
BBクリーム、CCクリームの最大の特徴としては、時短でメイクをすることが出来て、日常で忙しい朝の時間にキレイなメイクをするために上手に使いこなすことにより、美人力が上がるキレイな肌を演出する事ができます。BBクリームなら、アテニアBBクリーム