大人には理解できない若者のオカシなメイク

大人には理解できないと感じるギャルのメイクについてですが、実際にいつもと違った自分に変身する事ができて、今若い人の間では流行しています。今回はギャルメイクのやり方を紹介しますね。
・目はカラコンです。ギャルメイクのやり方で大事なのはバランスなのです。メヲ強調するやり方がギャルメイクの特徴となっていますが、目の周りばかりを強調してもバランスが悪くなってしまいますので、目を強調する事ができるコンタクトレンズを使っています。カラーが豊富なカラコンは、ギャルメイクとはいえ、いきなりカラフルな色は抵抗があるという人は地味な色から始めるのがおすすめできます。カラコンの色が、自分の目の色と対して変わらないように見えてもカラコンを使うのと使わないのはかなり差が出てきます。
・二重の幅を広げます。ギャルメイクで二重が必須なのは太目アイラインを引くためです。ギャルメイクをする人は、元から二重の場合でもアイプチなどを使って二重の幅を広げる人も多いと言われています。
・つけまつげは上下にする。ドラックストアなどでたくさんの種類のつけまつげがお手軽な価格で販売されていますが、ギャルメイクには長くてボリュームのある上まつ毛用のものだけでなく、下まつ毛用のまつ毛も必要になります。ギャルメイクの特徴となっている目を強調する為に、つけまつげのやり方も上だけでなく、下もつけるほうがバランスが良くなるのです。下まつ毛を初めて使う場合には、不自然に感じてしまうことがありますが、目のキワに着けてしまうと目が痛くなってしまうので注意しましょう。二重まぶたを作る際にも、少し大げさに思えるくらい幅を広げて少し目の際から離してつけるようにしましょう。
・アイラインはオーバーにする。ギャルメイクのやり方ですが、基本的にはすべて大げさな感じにやってちょうどよいと言われています。ナチュラルメイクの場合には、アイラインを引いているかどうかわからないのが基本ですが、ギャルメイクでは目に見えるように引くのが特徴です。目頭にく問いアイラインでちょこんと描いてから仕上げていきます。
・リップはピンクやベージュ系です。ギャルメイクの特徴としては、目は強調しますが、それ以外の箇所は極力控えめにするメイクが流行しています。しかし、唇に何も塗らないというわけにはいきませんので、目立たせにようにピンクやベージュを好むのです。
・アイシャドウは多色使いです。涙袋には、アイシャドウを塗ったり薄く涙袋を描くやり方で強調していきます。アイシャドウは茶系にすることにより、彫が濃く見えてなれると青や緑のカラコンを使うことにより外国人のように変身する事も出来ます。
ギャルメイクは普段のメイクとはかなり違っていて、目をかなり強調するやり方ですが、近くで目にすると不自然に見えてしまうのですが、写真写りをよくする目的なので一度試して写真を撮ってみてください。
自分の顔の違いを楽しむ事ができると思いますが、実際に若いころにはできてもある程度の年齢になるとできないという人もいますし、批判している人も多いと思います。でも、その時代に合ったメイクの楽しみ方だと思うのでよいと感じます。